日本語教師の仕事内容とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】

日本語教師の仕事内容とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】
目次

日本語教師になろう!

 現在日本語教育は需要が高まっており、同時に日本語教師という職業にも注目が集まっています。日本語教育と聞くと一般的な知識を使って日本語を教えるように思えますが、実際は普段から使う日本語と異なり、専門的な知識が必要になっています。そのため2024年4月から「登録日本語教員」として国家資格になることが決定しています。

「日本語教師に興味を持たれた方」や「日本語教師についてもっと詳しく知りたい!」という方向けに、日本語教師について、具体的な仕事内容や国家資格となる背景などをご説明いたします。

日本語教師とは?

 日本語教師は、日本語を母語としない方々を対象に日本語教育を行う職業です。
近年、日本に在留する外国人の数は増加しており、日本語の学習需要は増加しています。

 日本語を母語としない方々が日本語能力を必要とする理由にはさまざまな要因がありますが、その中でも特に大きな要因の一つは、日本国内で生活する外国人が日本語をコミュニケーションのために必要としていることです。つまり、外国人が職場や日常生活で日本語を使う場合、一般的には日本語能力が必要です。そういった方々に日本語教育を行うのが日本語教師です。

 現在日本語教師の需要は高まっており、2024年4月から「登録日本語教員」という名前で国家資格の導入が行われます。

国家資格になった背景

 増加した日本語教育の需要に対応するため、2024年4月から「登録日本語教員」という名前で国家資格の導入が行われます。
 これは「教員免許」の日本語教師版のようなイメージです。

 国家資格化は、日本語教師が行う日本語教育の内容を一定レベルに均一化するという狙いのほか、日本語教師という職業の知名度向上の狙いがあります。
 日本語教育の認知向上や教師の待遇改善にもつながるだけでなく、日本語を必要とする人たちに対して、その需要をもっと認識してもらえる効果も期待されています。

 では、「日本語学習者に日本語を教える」ということが実際にどんなことなのかをご説明します。

日本語教師の仕事内容とは?


 一般的には外国人留学生や日本に住む外国人労働者など、日本語を学習する学習者に対して日本語の指導を行います。
 その他、日本語学習者が日常生活で困った時に相談に乗ったり、学習者に合わせた授業準備を行うことも日本語教師の仕事になります。

 日本語を教えるというと外国人の方を対象にした仕事だと思われやすいですが、実際はそうではありません。
 例えば、中国やアメリカなどで生まれ、中国語や英語といった言語を母語とし、日本に住んでいても日本語が話せない日本人の方もいらっしゃいます。そういった方に日本語を教えるのも日本語教師の仕事になります。

 次は日本語を学ぶということで、国語教育とは何が違うのかを説明します。

日本語教育と国語教育の違いは?

 日本語教育と国語教育は日本語を教えるという類似性から同じように捉えられることもありますが、実態は異なります。
 国語は基本的に母語が日本語の人たちに向けて、日本語の勉強を行うものです。
 文法の勉強を行ったり、文学鑑賞をして行間を読む訓練、古文や漢文といった、元々日本語を使える人たちの日本語をさらに洗練するものが国語教育です。

 対して日本語教育は、基本的に日本語を母語としない人々に日本語を教えるのが目的です。
 日本語を母語としない人達に向けて、文法や歴史などではなく、分かりやすく日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えるのが主な仕事です。 
 日本語を勉強する学習者に、外国語として日本語を教えるのが日本語教師です。
 では、どうやって日本語教育を行っているのかを詳しく説明します。

日本語の教え方は?

 日本語教育は、その教え方も国語教育や義務教育で行う英語教育とは異なります。
 ほとんどの日本国内の日本語学校では直接法と言って、日本語を使って日本語を教えるという教え方をします。

 一般的にイメージする言語学習というのは、学校で行う英語教育のようなものだと思われます。
「教科書の32ページを見てください。では、〇〇さん、これを読んでください。どうぞ」というような授業を想像されるかもしれませんが、日本語教育は翻訳を行わず、日本語を使って日本語を教えていく仕事になります。

 通常、一つの教室には色々な母語を話す方がいらっしゃいますので、どれかの言語に合わせるというのはできません。様々な国籍の方が集まると、当然英語が使えない方もいらっしゃいます。
 したがってどこかの言語に照準を合わせるのではなく、日本語で日本語を教えています。

 ただし、学習者の需要に応じて間接法を用いることもあります。
 例えば、海外で日本語を教える際、現地の学習者が日本語を学ぶ場合は、説明の際母語での翻訳を行った説明をする、間接法を採用することがあります。

 日本語教師がどんな場所で働くかは次のトピックで説明いたします。

日本語教師の働く場所は?

 大きく分けて、日本国内で働く場合と海外で働く場合の二つがあります。

日本国内で働く場合

 国内で働く場合は認定日本語学校や、プライベートレッスンなどで教えるのが主流になっています。
 他にも、市区町村でのボランティアや留学生を対象とした大学。民間の語学学校や企業・法人向けの研修会を行ったり、ビジネスパーソンやその家族の方が通う日本語教室などで教えるケースもあります。

海外で働く場合

 海外では、民間の語学学校だけでなく、小・中・高校の外国語科目や大学の日本語学科、さらには個人で教えている方もいます。
 他にも発展途上国の教育支援などで活躍している方がいます。
 また、日本国政府が行う政府開発援助の一環として、「国際交流基金(JF)」や外務省所管の独立行政法人「国際協力機構(JICA)」が実施する海外ボランティア派遣制度の、「海外協力隊」においても、日本語教師が活躍しています。
 他にもオンライン日本語教師という働き方も最近は盛んになっており、様々な場所でその人にあった働き方ができます。

福田先生の声
 実際に行知学園で働く福田先生に、日本語教師のことや行知学園のことをお聞きしました。
 日本語教育の現場からの生の声をお届けします!

日本語教育の授業について
 日本語教育の授業で何をするかというと、まず場面を作ります。例えば、「私は風邪をひきました。とても辛いです。頭が痛いです。鼻水が出ます。お腹が痛いです。さあ、なんというアドバイスしますか?」というように教えます。
 この時、多くの方は「病院に行った方がいいですよ」と言うと思います。なので「『病院に行った方がいいですよ』と言いましょう」、と。そういう風に教えるんです。
こういった感じで場面を作って、このような時に日本語母語話者はこう話しますよ、というのを教えるんですね。
 なので、「まず教科書の何ページを開けてください」「何々です」「これは何々という文法です」とかはやりません。「こういうシチュエーションだったら、これを使います」というのを教えていく仕事なんです。

日本語教師を目指す人が最初に驚くことは?
 直接法は馴染みがない方がほとんどなので、日本語教師を目指す人が最初に戸惑うポイントですね。
 ただ、驚きという意味では直接法以上に日本語について改めて知ることでの驚きが多いと思います。
 例えば、発音なんかがわかりやすいですね。「なにぬねの」と「らりるれろ」って、発音する際の舌の位置は同じなんですよ。違いは鼻に息が抜けるか抜けないかなんです。
 まずそれをお話しすると受講生の方は「えっ?ってなります。」。
 学習者の中には、鼻から息が抜けるか抜けないかで区別をしない言葉の国出身の方もいるんですね。
 私たちが「L」と「R」を聞き分けられないみたいな話です。
 そういうのをまず全然自分たちは知らなかったってことを知りますね。
 他にも、アクセントを改めて意識すると驚く人もいます。例えば「厚いステーキ」と「熱いステーキ」って発音アクセントが違うんですけど、それの聞き分けとか。他にも「読売巨人軍」と「進撃の巨人」は違いますよね。巨人という単語をアクセントで聞き分けてるんですけれど、普段そういうのも意識してないので。なので日本語教員になるために当講座に来た方は、自分が日本語について全然知らなかったということに、まず衝撃を受けます。

まとめ

 日本語教師の仕事は、日本語を母国語としない人に日本語を教えることであり、留学生や外国人労働者などに指導を行うことが主な目的です。

 また、日本語教師は日本国内外で活躍しています。日本国内では認定日本語学校やプライベートレッスン、大学などでの授業を行います。海外では、語学学校や外国語科目の教師、海外協力隊などとして働くことがあります。近年はオンライン日本語教師としても需要が高まっています。これらの働き方は、日本語教師の需要が多様化していることを示しています。

 しっかり学ぶことにより、誰でも日本語教師になることができます。日本語教師に興味を持たれた方は、ぜひ行知学園までご連絡ください。