日本語教師の需要とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】

日本語教師の需要とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】
目次

日本語教師になろう!

 現在日本語教育は需要が高まっており、同時に日本語教師という職業にも注目が集まっています。日本語教育と聞くと一般的な知識を使って日本語を教えるように思えますが、実際は普段から使う日本語と異なり、専門的な知識が必要になっています。そのため2024年4月から「登録日本語教員」として国家資格になることが決定しています。

「日本語教師に興味を持たれた方」や「日本語教師についてもっと詳しく知りたい!」という方向けに、日本語教育を求める人の属性や、日本語教師の求人動向など、日本語教師の需要についてご説明いたします。

日本語教育の需要はどのような人にある?

 日本語教育を受ける方の多くは日本に在留している外国籍の方です。
 特に留学やビザで日本に来られている方やそのお子様に多くの需要があります。
 その中でも留学生の方が多く、続いてビジネス関係者やその家族の方、研修生や技能実習を受ける方々が多くなっています。



 一口に外国籍の方と言っても、業務に使うのか、進学や生活のために使うのかで、学習内容のニーズは、全く違っています。
 例えば「日常会話ができるようになりたい」「日本で進学したい・就職したい」という学習者を教えたり、ビジネスで日本語を使いたいという外資系の企業などで出張授業をしたりと、様々な需要が存在しています。
 他にも現在は外国籍の方のお子様に日本語教育を行うことも多くあります。
 小学校などに通っているのか、日本語教室で直接日本語の教育を受けているのかなど、さまざまな形態があり、教育を提供する機会も多様化しています。
 そのため、日本語教育と言っても、そこで教える内容や日本語教師に求められる知識は都度変化します。
 国内での日本語教師の需要については、次のトピックで詳しくご説明していたします。

国内の日本語教師の需要について

 2024年現在、日本語教師の需要は増えつつあります。現在の国内の日本語教育の現状をお伝えします。
 日本語学習者は2019年に約28万人と最高人数を記録しました。しかし、コロナ発生後は、海外からの入国制限が厳しくなり、日本における日本語学習者数は減少。2021年は約12万人と日本語教師の需要が低下する事態となりました。

 その後、令和4(2022)年11月に入国規制が撤廃され、回復傾向に転じました。2023年5月からは新型コロナウイルス感染症は第5類となり、事実上コロナ禍は収束。文化庁の資料では2022年度は約22万人まで回復しました。2023年度以降はさらなる回復傾向になっていると予想されます。

 需要が上がっていることを示すように、2024年現在は未経験者でも日本語教師としてのチャンスが増えていることが挙げられます。今まではボランティアや実務経験など、日本語教育の経験者が採用されるケースが主流でしたが、現在は実務経験のない人材も積極的に採用される傾向にあります。

福田先生の声
 実際に行知学園で働く福田先生に、日本語教師のことや行知学園のことをお聞きしました。
 日本語教育の現場からの生の声をお届けします!

学習者による教え方の違い

 例えば、工場で勤務する方などは「どけ」や「危ない」といった単語を留学生より早く覚えます。これは工場で起こる事故を減らすために、まずその場が危険であるということを教える必要があるからです。
 留学生はこうではありません。挨拶や学校での単語など、日常で使う会話を多く覚えていきます。
これは学習者が日本語を学ぶための動機の違いが大きな要因になっています。

 留学生や技能実習生などの外国からの労働者の他、彼らの家族など、色々な背景を持つ人が日本語教育を求めてます。
 こういった需要が急速に高まっている状況の中で、日本語教師の役割もかなり多様化してきました。
 どうすればそれぞれの学習者が興味をもって学べるのか、どういった教え方をすれば学習者の目標達成の手助けができるのか、ということを常に考えて授業をしなければなりません。

 次のトピックでは具体的にどういった国の方からの需要が高いかをお伝えします。

日本語教師の需要が高い国はどこ?

 日本語学習者の出身国・地域別の情報を見ると中国が6万7000人で30%、ベトナムが3万1600人で14%多くなっています。その他、ネパール、フィリピン、インドネシアなどからの流入も増えてきました。現在、日本語教師の需要は、東アジア・東南アジア全域にあるといえるでしょう。
 海外の日本語学習者は、東アジアと東南アジアが全体の7割以上を占めます。中国が105万人、インドネシアが71万人、韓国が47万人と続き、更にオーストラリア、タイ、ベトナム……と続いていきます。

「需要が高まっていることはわかったが、実際の求人動向はどうなっているのか?」という方に、次のトピックでは日本語教師の求人動向について解説いたします。

日本語教師の求人動向


 2020年からの新型コロナウイルスのパンデミックにより、一時的に留学生の受け入れができなくなり、日本語教育業界は非常に厳しい状況におかれました。しかし、2022年2月24日に、内閣官房が、同年3月以降の外国人の新規入国制限の見直しを発表したことにより、現在はコロナ禍以前の状況に戻っています。
 2024年現在は平均150件を超える求人があり、今後も増加していくと考えられます。
 入国できる外国人の増加に伴い、日本語教師の需要数も増し、求人の増加につながっていると考えられるでしょう。

※参考サイト
https://job.nihonmura.jp/category/new/

まとめ

 日本語教師の需要は、国家資格化の影響と、コロナ禍の収束が合わさり、現在非常に高まっています。
特に留学生や技能実習生、その家族などさまざまな背景や目的を持つ人が日本語教育を必要としています。
 将来的には、日本語教育の需要がさらに拡大し、日本国内外で活躍する日本語教師がますます必要とされることが予想されます。特に、日本の国際化や海外展開に伴い、日本語教育の重要性が高まっており、その需要は今後も年々高まっていくと予測できます。

 これから需要が高まり続ける日本語教師に興味を持たれた方は、ぜひ行知学園までご連絡ください。