日本語教師の給料・働き方とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】

日本語教師の給料・働き方とは?【新国家資格『日本語教師』について解説】
目次


日本語教師になろう!

 現在日本語教育は需要が高まっており、同時に日本語教師という職業にも注目が集まっています。日本語教育と聞くと一般的な知識を使って日本語を教えるように思えますが、実際は普段から使う日本語と異なり、専門的な知識が必要になっています。そのため2024年4月から「登録日本語教員」として国家資格になることが決定しています。

「日本語教師に興味を持たれた方」や「日本語教師についてもっと詳しく知りたい!」という方向けに、日本語教師の待遇について、具体的な給与や働き方のモデルを踏まえご説明いたします。

日本語教師の勤務形態は?

 給与の前に、日本語教師の働き方について説明します。
 日本語教師の勤務形態は常勤の専任教師と、非常勤教師の2つがあります。
 2022年のデータでは、常勤教師が6571人。非常勤教師が15891人と、非常勤教師が多くの割合を占めています。
 常勤教師は一般的な会社員と同じく月給制です。日本語の授業のほか、学校スタッフとしての事務作業(受講生の募集や管理、教員の授業管理、カリキュラムの作成など)を担当することもあります。

 非常勤教師は担当授業がある時に出勤し、働いたコマ数に対して給与が支払われる仕組みになっています。非常勤教師は常勤教師ほど事務作業などが多くなく日本語教育に集中できます。
 また、非常勤で働く場合、多くのコマ数を抱えて収入を増やしたり、逆にコマ数をセーブして家事や子育てなどプライベートの時間を増やしたりなど、調整して働くことが可能な点は大きなメリットです。
 通常、非常勤教師としてある程度の経験を積んでから常勤教師になるケースが多く見られます。
 それでは改めて、日本語教師の給与に関して説明していきます。

日本語教師の給与は?

 常勤教師の場合の初任給は一般企業並みが相場で、キャリアによって増加していく傾向にあります。
 年収は200万〜500万円が多くなっており、平均年収は450万円となっています。
 非常勤教師の場合だと1コマおよそ2,000~2,800円が相場となっています。
 こちらは年収100万〜200万の方が多くなっております。主婦の方やリタイア後に日本語教師を始めた方は、あえてコマ数を抑えて働く人もいます。非常勤の年収100万円程度なのはそうした背景もあります。
 2024年4月から始まる「登録日本語教員」の国家資格化は資格取得者の待遇を向上させる狙いもあります。
 今後はプロの日本語教師の存在感が高まることで、より多くの給与が得られるようになることが予想されています。
 次のトピックでは日本語教師になるのはどんな人が多いかを説明します。

日本語教師になるのはどんな人たち?

 日本語教師は、授業のコマ毎に給料が発生する非常勤と、学校に常勤して学校の運営にも関わる仕事もこなす専任とがあり、自分のライフスタイルや目標に合わせて多様な働き方が選べる仕事です。
 その働き方の自由さもあってか、現在は女性の方が多く活躍しています。
 また、働く際に年齢の制限などもないため、60,70歳を超えて現役で働く方も珍しくありません。
 他にも、副業やセカンドキャリアとして自分の経験を活かして働く方も多いです。
 もちろん、男性の方の就職も珍しくはなく、最近は新卒の方も増えています。
 最終学歴は四年制大学の文系学部の卒業生が多くなっており、その中でも文学部の卒業生が多い傾向にあります。
 他には、何らかの海外滞在経験を持つ方が多く、自分の母語が伝わりにくい環境に触れた方や元々言葉に興味のあった方が比較的多い傾向にあります。

福田先生の声
 実際に行知学園で働く福田先生に、日本語教師のことや行知学園のことをお聞きしました。
 日本語教育の現場からの生の声をお届けします!

就職率について
 現在の行知学園の就職率はほぼ100%です。
 修了後はボランティアや、海外に就職される方など、色々な方がいらっしゃいます。他にも進学希望の方とか、大学四年生でこちらの講座を受けて、資格は取ったけど、その大学院にいくような方などはもちろんいらっしゃいます。
 しかし就職を希望された方、「日本語教師になりたいです」という目的を持って行知学園に来た修了生の就職率は、100%です。

行知学園の修了者の待遇
 モデルケースなんですが30代女性1年目で、月給25万円など。勤務時間は月曜日から金曜、8時から17時までのフルタイムで専任教師になった方がいます。
 他にもこの間の修了生の方とか70代の男性の方で嘱託会社に就職された方とかもいます。その方は月給で18万円ほどと伺っています。
 また、クラスを持った勤務年数が3年を超えると主任として働くことができるのですが、その際に主任手当が出ることもあります。
 修了生の中には主任の先生ももちろんいらっしゃいます。その方は40代で、月給35万。主任手当てが3万円とかですね。


 国内や海外といった、国を問わず働く場所のある日本語教師ですが、具体的にどんな場所で働いているかを次の項で説明いたします。

日本語教師の働く場所は?

 大きく分けて、日本国内で働く場合と海外で働く場合があります。

日本国内で働く場合

 国内で働く場合は認定日本語学校や、プライベートレッスンなどで教えるのが主流になっています。
 他にも、市区町村でのボランティアや留学生を対象とした大学。民間の語学学校や企業・法人向けの研修会を行ったり、ビジネスパーソンやその家族の方が通う日本語教室などで教えるケースもあります。

海外で働く場合

 海外では、民間の語学学校だけでなく、小・中・高校の外国語科目や大学の日本語学科、さらには個人で教えている方もいます。
 他にも発展途上国の教育支援などで活躍している方がいます。
 また、日本国政府が行う政府開発援助の一環として、「国際交流基金(JF)」や外務省所管の独立行政法人「国際協力機構(JICA)」が実施する海外ボランティア派遣制度の、「海外協力隊」においても、日本語教師が活躍しています。
 他にもオンライン日本語教師という働き方も最近は盛んになっており、様々な場所でその人にあった働き方ができます。

まとめ

 日本語教師は学校に常勤専任講師と、コマ数を選んで働ける非常勤講師という形態があり、自分の働きたい形に合わせて働くことができます。
 また、今後は国家資格の導入により、さらなる待遇の改善や知名度の向上が予想されます。

 日本語教師はライフワークバランスに合わせて働くことができます。興味を持たれた方は、ぜひ行知学園までご連絡ください。